防犯の情報が満載!

鍵を見比べてみるとわかるのですが、玄関のカギ・車のカギ・倉庫のカギなどそれぞれ違う形状をしています。
これらにはそれぞれ「防犯性能」と言われているものがありギザギザの数やシリンダーによって性能が大きく変わってきます。
もっとも性能が高いと言われている種類は、「ディンプルキー」というものでくぼみがたくさんあるものです。
これと同様、性能が高いといわれている「ウェーブキー」も存在しています。
これらは用途によって使い分けることもあります。

防犯の基礎知識|鍵にはどんな種類がある

防犯の基礎知識|鍵にはどんな種類がある 防犯対策でよく言われているピッキングでは、耐ピッキング性能が10分以上のシリンダーであれば十分に機能を果たします。
この際に使用する種類はディンプルキーかウェーブキーがふさわしいです。
しかし、ウェーブキーはディンプルキーに比べて合鍵を作ることが容易いです。
従って、これを考慮するとディンプルキーの方が防犯の面ではしっかりとした役割を果たすと言われています。
ディンプルキーは鍵に書いてあるシリアル番号によって簡単に取り寄せが可能だということもあり、複製対策をとるならセキュリティカードがついているものを用意することもできます。
鍵の番号やセキュリティカードの番号がないことで複製は不可能になるので防犯性が高くなります。

防犯に効果のある鍵の種類とはどんなものがあるか

防犯に効果のある鍵の種類とはどんなものがあるか 家のドアには必ず鍵をつけている家庭がほとんどですが、防犯に対して意識が高い方の場合には、種類にこだわる必要があります。
通常の家庭で使われているものの場合、ピッキングに弱いタイプがあるので、それらはなるべく早めに交換しなければなりません、何故ならばそのまま使いづけることで空き巣被害にあってしまったり、解錠されてしまうことも珍しくないからです。
防犯に対して強い鍵の種類は複数あり、まず一番人気なのがシリンダー錠です。
比較的複製がしにくくサムターン回しなどの典型的なピッキング方法にも強く、なおかつ簡単なピッキング道具では到底開けることは出来ず、開けたとしても時間がかかってしまうので、家を守ってくれます。
鍵のデザインはギザギザになっているタイプから、ストラクチャーや穴が空いているタイプまで、色々な種類がありますが、一番解錠されにくいタイプは穴が空いている形式のものです、鍵はどんなものを選ぶかで安心感も変わってきます。
今まで一度も交換したことがない方や、周辺で空き巣被害が増えてきた場合には、防犯のために鍵を交換するチャンスでもありますから、数多くのタイプの中から自分の家に相応しい物を選びましょう。

鍵の交換に関する情報リンク

鍵 防犯